藤屋 2013年総合カタログ
3/20

席挑戦することを決してやめない、常にお客様からのご要望に敏速に応えるために妥協はせず、全力で取り組むことを宣言します。食材の受託開発の流れ鵠お客様のご要望は様々で、幾つものリクエストがあることは当然です。ひとつの商品に対して、料・理のジャンル(和・洋・中)もあれば、使用用途(婚礼・宴会・一品、物販・御節・ギフト等々)は多種多様に溢れ、コスト・ロットの大小まで考えれば、それこそひとつとして同じご要望はありません。試作品の開発鏡商品開発の篭依頼騨鱗瀞:繍蕊騒鯛汐蕊騨謹3私ども藤屋は、そんなお客様のご要望に合わせて、今日に至る数多くの経験、実績を元に、ご依頼二打ち合わせ=試作(開発)=試食・調整を繰り返し、必ずお客様にご満足頂けるよう、高品質な商品作りを、社員一丸となって取り組むことをお約束します。』呂F吾公零鳶打ち合わせ詞‐“一藷騨譲先ずは何なりとご相談下さい。「NOと言わない」藤屋セールスマンがプライド・ポリシーを持ってそのご要望にお応えします。悟瞳農慰蕊霞蕊リ諺庁2製造・納品へそして「藤屋ブランド=安心感」をお届けするために、決して努力は惜しみません。それが「チャレンジ精神」の藤屋なのです。商品仕様の決定「チャレンジ精神」これが、私ども藤屋の考えです。;企画・受託開発されたPB・OEM商品の一例ヨ§j函宰唾蝋穂懸鳥悪癖撫羅鯛灘庁蕊』P試食・調整蝿職JE

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です