平松食品2014年総合
2/13

職露鍵温故知新P①鍾寓室行路。。TheStoryof恥ukuda-ni温故知Theoriginsoftsukuda-nigobacktoaroundl600inTbkyo-calledEdoatthetime-wherefishennenstartedtoboildowncatchesofsmallfishinstrongsoysaucetopreservethem・Thatcookingstyleofseasoningfishwithsaltysoysauceandsweetsugarfbrp1℃servationisamethoduniquetoJapan.唾ukuda-ni,whichgainedpopularitythroughoutJapanfbritsdeliciousness,isanostalgictastefbrJapanesepeople,aswelIasaneverydaydishessentialfbrJapanesemeals,HiramatsuSeafbodsCompanyhasbeenmakingtsukuda-nisincel924・Wehavemadeournameasacompanyspecializedintheproductionofkanro-ni,whichrequiresmo1℃advancedtechniquesoftsukuda-niproduction・Ourtsukuda-niandkanro-niareprocesseqinawaythatmaximizesthenavorofing1℃dients;andthewholeprocesstakesasmanyasthreedaystocreateproductsfinishedwiththebestseasoningmethodthatembodiesthetraditionsofJapan・EnjoytheskillfUltastesofJapancreatedthroughthefinecaIEpaidtoeveryoneofourproducts.故新矢a[l0nlsaInemodun口陣○国号①で画巽四二Q旧く①8号apanfbrits先達の思いを紡ぎ佃煮故事故①昏冒扇ぎ一を佃煮起源於1600年左右江戸(現在的東京)的漁夫為了保存爾蒋捕獲的小魚加重味道煮熱。這種用醤油、砂糖調出又餓又甜的味道、以保存為目的的烹妊方法是日本猫自的製法。佃煮因其美味爾被推庚到全図、燭於日本人来説是根懐念的味道、同時也是日本的飯巣上不可峡少的一道菜。平松食品自1924年起開始製作佃煮、尤其是作為捜長在佃煮的製法中需要高度技術的甘露煮製法的企業爾知名。所有的工序需要3天的時間、充分溌揮材料的甘美、以表現了日本博統的最高的調味法製成的佃煮和甘露煮。敬請品嘗精心細織的日本的手蕊。号『〕①乏宮○皇且鴇雪時の流れに適いで食品自1924流つくだ煮物語いつくだ煮づくりは、1600年ごろ、漁師が狸った小魚を、保存を目的に味機<煮詰めて作ることが江戸(現在の東京)で始まりました。醤油、砂糖で甘辛く味付けながら、保存を目的とした調理方法は日本独自の製法で、そのおいしさから全国に広がったつくだ煮は、日本人にとって懐かしい味わいであると共に、日本の食卓には欠かせないお惣菜の一品でもあります。平松食品は、1924年からつくだ煮づくりを始め、特につくだ煮製法の中でも高度な技術を必要とする甘露煮製法を得意とする企業として知られています。すべての工程に3日間の時間を要し、素材のおいしさを活かし、日本の伝統を表現する最高の調味法で仕上げたつくだ煮や甘露煮。ひとつひとつに細やかな心配りする日本の技をご賞味ください〆m,I:竜1

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です