キューピー 2014年総合カタログ
3/116

マヨネーズは、もともと手づくりできる食べ物です。キユーピーマヨネーズが存在するには手づくりするよりも、おいしくて、便利で、安全で、しかも安くなければなりません。だからこそ私たちが、それを実現するための工夫を重ねた時間だけ、キユーピーマヨネーズは愛され続けることができるのだと思っています。私たちは食に携わる者として、品質第一・お客さま第一を商品づくりの第一歩と考えています。そして品質第一を実現するためには、商品をつくる人のことも第一に考えなければならないと思います。工場や設備、生産工程がそこで働く人にとって働きやすいものでなかったら、当たり前のことを、当たり前に実行することが難しくなってしまうのです。私たちは、これからも未来へ向けて、心と技術に裏打ちされたものづくりを真っ直ぐに進めていきます。、』、ーLご一室今▲キユーピーが1年間にあつかう卵は約25万トン。日本で生産される卵の約10%です。キユーピーの卵は、マヨネーズのほかパン、お菓子かまぼこ、ハム、ソーセージなどの加工食品の原料として使用されているほか、茄卵やオムレツなどタマゴ加工品にも生まれ変わります[.,これだけの規模の卵を安定的に取り扱うために、キューピーでに全国各地の養鶏場から卵を調達し、グループ36工場で全国からの需要に対応できる生産体制を整えています。L--‐食の楽しさと大切さを伝えたし食の楽しさと大切さを伝えることを目的に、小学生などを対象にした出前授業「マヨネーズ教室」を2002年から実施しています。子どもたちはマヨネーズについての話を聞いたあとグループに分かれてマヨネーズづくりを体験します。こうして身近な食品であるマヨネーズがどのようにつくられているか加えて野菜を食べることの大切さも学べるようにしています.また、一般消費者や食育に関わる教育関係者、学生などを対象に、食生活と健康についての正しい情報の提供を目的とした講演会を1984年からおこなっています。南)到り負禽魅〉|’品質ゾ、の想い"卵のキューピー"をめざして

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です