キューピー 2014年総合カタログ
4/116

縦.Ⅱ’’0ⅡI主食にも、主菜にも、副菜にも。野菜のたのしさとおいしさを。キユーピーはこれまで、「サラダの主菜化」のご提案で、野菜摂取量を増やす啓蒙をしてきました。これからも野菜をより食事に取り入れやすい新たな食スタイルを提案していきます。さまざまなメニューで野菜をたのしむ「やさいdeフルコース」という考え方で、野菜摂取機会の拡大を図ります。一キューピーすりおろしオニオンドレッシング使用メニュー|野菜をたくさん摂るための新たな機会が必要2:野菜総数20-29歳30-39歳40-49歳50-59歳60-69歳70歳以上「野菜摂取量の低Tjが深刻化していますb摂取蚤(1火1日あた駒^1火1日あたり洞0年前どの比較■平成13年■平成23年サラダメニューにマンネリ化の傾向がありま魂罫華寿サ言ダに関する意識や考えいつも同じサラダになってしまう37.5%3767%35.2%ー一一二二一-一記=’一F司2010年2011年2012年n=1.000出典;キューピー株式会社鯛べ「野菜/サラダの捜食・眼入に間する実態調査(2012畠050100150200250300350^00出典:厚生労働省r平成23年国民健康・栄養調査」

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です