マルハニチロ食品 常温食品カタログ
15/20

。L「、里Q&A缶詰由来A今から約200年前の1804年に、フランス人のニコラ・アペール(NicolasAppert)により初めて考え出されました。当時は金属製の缶を使ったものではなく、ガラス製の瓶にコルク栓で密閉、加熱加圧殺菌をするというものでした。時の皇帝ナポレオンは、ヨーロッパ各国へ戦線を広げていたフランス軍の保存食料として、食品長期貯蔵法を広く公募しました。このびん詰が採用され、アペールは賞金12,000フランを手に入れたと言われています。今の様なブリキ缶は、1810年のイギリスで、ピーター・デュラン(PeterDurand)によって発明されました。その後、この技術がアメリカへ渡り、1861年南北戦争が始まってからは、軍用食料としての缶詰の需要が急増し、近代的な食品工業として缶詰産業は大きく発展しました。日本では1871年(明治4年)、長崎の外国語学校「広運館」の司長松田雅典は、フランス人教師が本国から持参した牛肉の缶詰を食べるのを見て、腐らない食品の製法を聞きだし、「いわし油漬缶詰」を試作したのがはじまりです。その後1877年(明治10年)、北海道石狩市に日本初のサケ缶詰工場「石狩缶詰所」が4号缶M(中)=16へ25本、MM=26~41本、S(小)=41~57本置かれ、石狩川のサケを原料に缶詰製造を開始しました。これが10月10日だったことを記念し、日本缶詰協会は10月10日を「缶詰の日」に定めました。し型:可F‐.、〔かに〕まるずわいかに二一=Aオウエンコウガ二科のかに。南半球(ブラジル沖・ナミビア沖)漁獲原料を輸入。繊維は短く弾力性があり、甘味のある肉質が特徴。151缶に入っている本数は?r‘アスパラ「まぐろ」および「かつお」を原料として作られた缶詰を、一般的に「ツナ缶詰」と呼びます。「びんちよう(びんなが)まぐろ」を原料として作られた缶詰を「ホワイトミート」といい、「きはだ、めばち、かつおなど」を原料としたものを「ライトミート」と呼んでいます。‐二三ホワイトミートとライトミート一一A.可ー凸■=ツナ缶詰

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です