月別アーカイブ: 2014年3月

テーブルマーク 春から初夏の主食商材


今回商品をご紹介いただくのは、テーブルマークの松崎さん。惣菜→タレときて、主食となる米飯、そして麺類です。

まずは「街の洋食チキンライス」。ケチャップの鮮やかな色合いが食欲をそそりますね。

こちらのは名前の通り、街の洋食屋さんのチキンライスをイメージしてつくられた商品だそうです。どこか懐かしさを感じさせる美味しさと言えば、何となくイメージを掴んでいただけるでしょうか。

チキンエキス、粉チーズ、ミルポア(香味野菜で作るスープベース)を加えることでまろやかなコクを実現。ジューシーな鶏肉との相性は抜群です。この味を嫌いという人は、まずいないのではないでしょうか。ふとした時に食べたくなるというか、定期的に食べたくなる美味しさですね。

そのままでも十分成り立ちますが、ドリアやオムライスのベースなどにも使える、用途の広い商品です。

tmudon

続いては「流し麺デリカ用うどんハード」です。やはりテーブルマークと言えば、冷凍麺のイメージは強いですよね。こちらはそんなテーブルマークの技術が活かされた商品です。

タイプとしてはかなり太めのうどんになっており、食べごたえがあります。独自の配合、製麺技術で、時間が経過しても麺の強い食感が残るのが特長だそうです。実際、試食の際には、解凍後かなりの時間が経っていましたが、麺のコシをしっかりと感じられました。

そして、同じシリーズの「流し麺デリカ用ラーメンハード」。こちらは中太タイプのちぢれ麺となっています。こちらも、経時変化に強いのが特長だそうです。コシがあり、噛んだ時の食感がプリッとしています。

試食ではジャージャー麺でいただきましたが、ちぢれ麺なのでタレとの絡みも良く、汁がある麺だけではなく、このようなジャージャー麺や冷やし中華などにもぴったりの麺に仕上がっています。

tmramen

2商品とも流水解凍が可能なので、オペレーション的にも手間のかからない商品ですね。また、流水解凍時にありがちな麺がすぐにのびてしまうということも起きにくくなっているのも魅力です。

これから春から夏になるにつれて気温が上がり、さっぱりと食べられる麺類の需要が伸びてきます。ここ数年は春を飛ばしていきなり夏になったような気温の上がり方もしますので、今からこのような食材をチェックして、早めにその時に備えておくと良いかもしれませんね。

<コメントは食材カタログFaceBookでお待ちしております。>


食材をより美味しく!創味食品のたれ


創味2月

今回は創味食品の西村さんに、新商品のたれをご紹介していただきます。

創味食品は、自社ブランドのスープ・たれ・調味料などを、全国の外食産業各社に提供しているメーカーさんです。

まずは「おろしだれ」。こちらは本醸造醤油をベースに、大根おろしをたっぷりと加え、りんごピューレとりんご酢で仕上げた、さっぱりとしたおろしだれです。

somioroshi

上の写真を見ていただけるとお分かりになるかと思いますが、国産大根を使ったおろしが約40%入っており、非常に粘性が強いという特長があります。そのため、たれ落ちしにくく、見栄え良く仕上がるそうです。

味の方も、大根おろしの食感がしっかりと演出されていて、たれ自体の旨味も感じられました。これから徐々に気温が上がってくるにつれて、揚げものをさっぱりと食べたいというニーズが出てくると思います。そんなニーズにピッタリの商品なのではないでしょうか。

また、大根おろしを自前で作るひと手間を減らすという点でも役立つ商品ですね。

somiponzu

続いては「ぽん酢」。こちらは本醸造丸大豆醤油をベースに、和風だしとゆず果汁を合わせた味付けぽん酢です。

最近は酸味の強い味が敬遠される傾向にあるそうで、特に男性は酸っぱいものがあまり好きではないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、こちらの商品は酸味を抑えており、まろやかな味付けが特長です。ゆずの豊かな香りも食欲を刺激してくれます。揚げものだけではなく、鍋・サラダ・カルパッチョなど様々な料理に合わせやすいオールマイティーなぽん酢になっています。

たれや調味料も様々な価格帯・味付けのものが出ていますので、消費税が上がるこの機会に、一度導入商品の見直しをしてみてはいかがでしょうか。


味のちぬや 贅沢な王道コロッケ


ちぬや2月

お惣菜の王様と言っても過言ではないのがコロッケ。コロッケを嫌いという人は余り見たことがないですよね。

今回そんな美味しいコロッケを紹介していただくのは、味のちぬやの林さん。新商品の「国産黒毛和牛コロッケ」です。

具材には国産黒毛和牛を8%使用しているそうです。やはり牛肉というと、国産の黒毛和牛に対してのブランドイメージは根強く、非常に人気が高いですね。こういった形で商品名に堂々と「国産」・「和牛」とうたえると、消費者の方にも安心して手にとってもらえますし、多少値段が高くても…という側面もありますね。

また、肉のカット方法をスライス手法にすることで、肉の食感をより感じられるようになっています。実際試食させていただきましたが、お肉感が強くしっかりとした味のため、ご飯に非常に合いそうだな、という感想を持ちました。まさに惣菜の王様にふさわしい、本格コロッケと言えるでしょう。

商品には、上の写真にもあるように高級感のある販促袋が添付されています。やはりこういった袋やポップがあると、商品のイメージが消費者の方に伝わりやすく、メニューや売り場を作りやすいですね。

ちなみに5月6日はコロッケの日だそうです。いつもと違うコロッケでコロッケキャンペーンなどはいかがでしょうか?

chinuyaajitatsuta

続いては「真あじの竜田揚げ」。大きめにカットした真あじのフィレを竜田揚げにした商品です。カリッと香ばしい衣と、あじの脂が絶妙にマッチしていて、こちらもご飯が進んでしまいそうな一品です。

素揚げの状態でそのまま出しても十分美味しいですが、例えばあんかけにしていただけば、簡単なオペレーションで、オリジナル感やボリューム感も出せますね。

また、2切~7切まで様々な形で提供できるような想定をしているそうなので、売り場によって料や値段を調整しやすいのもポイントです。ちなみにこちらの商品にも、販促用のシールが内添されています。

chinuyashiromi

そして最後は「肉厚白身魚フライ」です。ひとつ100gで、非常にボリューム感のあるフライとなっています。写真を見ていただければ一目瞭然、衣は薄く、中身がぎっしりと詰まっていて、食べ応え十分です。

具材には鱈を使用しているそうで、ボリュームがありながらもクセがなく食べやすいのも特長と言えるでしょう。タルタルソースとは非常に相性が良いのではないでしょうか。

今回はコロッケやフライなど、惣菜の王道とも言える商品をご紹介していただきましたが、これはどれも新商品となっています。常に新しく、美味しい商品が出てきていますので、このブログやカタログをご覧いただいて、最新の情報をゲットしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 


春の行楽シーズンにピッタリ!ポストごはんの里 ロール寿司


ポストごはん2月日本の春の代名詞ともいえる花・桜。いよいよ今週末開花予想の九州地方から、徐々に桜前線が北上してくるそうです。

ちなみに東京では3月26日頃が開化の予定。満開予想は4月2日との事。おそらく29・30日がお花見のピークとなるでしょうか。

このお花見を皮切りに春の行楽シーズンを迎えますが、今回はそんな季節にピッタリの商材です。

ご紹介していただくのは、ポストごはんの里の木藤さん。ポストごはんの里は、広島県に本社を置くメーカーさんで米飯を中心とした商材を扱われています。

数ある商材の中で、今回は3種類のロール寿司「エッグロール」・「雑穀ロール」・「黒米ロール」をプレゼンしていただきました。

postegg

何よりも目を引くのが、その鮮やかで春らしい彩り!これは写真をご覧いただけば、お分かりいただけると思います。これだけで気分も華やかに、楽しくなるような気がしますね。

まずは真ん中の写真「エッグロール」。カニスティックとグリーンアスパラを具材に、薄焼き玉子で巻いたお寿司です。アスパラのしゃっきりとした食感も残っていて、さっぱりと食べられました。具材的にはお子様でも食べやすく、人気が出そうなお寿司ですね。

続いては「雑穀ロール」。こちらは一番上の写真、その名の通り雑穀米を使った裏巻きロールです。お米のほんのりとしたピンクと、具材の野菜のグリーンがマッチして、これまた春らしい彩りです。ヘルシーですが食べ応えもあり、女性に人気が出そうですね。

postkuromai

そして「黒米ロール」。黒米とエビ・玉子を使った裏巻きお寿司です。定番人気の具材ながら、黒米というと、やはり高級感を感じます。味も黒米だからといって、クセがあるというようなことはありません。エビのプリッとした食感と、玉子とお米がほどよく調和した甘酢っぱい味付けで、いくらでも食べられてしまいそうです。

このような裏巻きロール寿司は、自前で作ろうとすると手間と原価がかかってしまい、なかなか現実的ではありませんね。しかし、こちらの商品は冷凍→湯せん解凍なので、オペレーション的にも非常に簡単です。

行楽用のオードブルというと揚げもの中心になってしまいがちですが、その中にこのような華やかなお寿司を入れることで、差別化を図れるのではないでしょうか。


ケイエス食品 春のエスニックメニュー


先週の凍えるような寒さから一転、いよいよ春の陽気となってきましたね。

暖かくなってくると、彩りも華やかで春らしさを感じられる食べ物に目が向くものです。

今回はそんな商品をご紹介していただくのは、ケイエス食品の唐澤さん。

ケイエス食品では「アジアの料理を屋台気分で気軽に食べてほしい」というコンセプトのもと、「東方屋台めぐり」というシリーズを展開しています。

その春の新商品として登場したのがconical(コニカル)シリーズです。conicalとは英語で円すいのこと。その名の通り、円すい型をしたかわいいエスニックな揚げ春巻きです。

普通の春巻きと違いネットライスペーパーにくるんでおり、よりサクサクした食感が楽しめます。

ケイエスconical

ラインナップは全部で3種類。

まずはイエローカレーconical

こちらは黄色いライスペーパーの中に、ココナッツミルクの風味が効いたイエローカレーが入っています。具材もイカや野菜(たまねぎ・赤ピーマン・かぼちゃ・にんじん)がたっぷりと入っており、食べ応えも十分です。

続いて貝柱conical

貝柱が丸ごと入って、魚介の旨味をしっかりと感じられる商品です。魚介を活かすためのしょうゆ風味の味付けも食べやすく、ついついあとを引く仕上がりとなってます。

最後はエビconocal

こちらの具材は、エビが入ったスイートチリマヨ風味となっています。香草も入っており、少しピリッとした味付けと合わせて、一番エスニック感を感じられる商品となっています。エビのぷりっとした食感もしっかりと残っているのも特長ですね。

ケイエスpresen

こちらのconicalシリーズは、やはり見た目からして変わっていて、エスニック感を感じられるのが食欲をそそります。もちろんそのまま出しても良いのですが、生野菜などとあえて出せば、より彩り豊かなエスニック風サラダとしてもお使いいただけます。

今までにない目新しい商品として、新メニューや春のエスニックキャンペーンなどにいかがでしょうか?

その他にもケイエス食品では、様々なエスニック食材を扱っているので、是非カタログで確認してみてください。

 


ヤヨイ食品 2014年春の新商品


ヤヨイ2月

3月だというのに寒い日が続いていますね。皆さん体調は大丈夫でしょうか?

とはいえ暦の上ではすでに春!そろそろ春の行楽シーズンに向けて、新商品をチェックしておきたいところです。

今回新商品をご紹介してくれたのは、ヤヨイ食品の高橋さん。さて、高橋さんのイチオシ新商品はなんでしょうか?

まずは「なめらかクリームコロッケ」「3種のチーズ入り」「国産紅ずわいがに入り」の2種類がラインナップされています。

ヤヨイコロッケ

まずは「3種のチーズ入りコロッケ」。チェダー、パルメザン、ゴルゴンゾーラの3種類のチーズを使い、とろっとした食感と豊潤なコクが特長です。チーズフォンデュをイメージした味に深みのあるクリームコロッケです。

特筆すべきは時間が経っても美味しさが損なわれないということ。通常冷めると固くなってしまいがちなチーズですが、様々な技術を駆使して、柔らかさを失わないチーズソースを実現したそうです。また、パン粉の剣立ちがよく、こちらも時間が経ってもサクッとした食感を失わないように仕上がっています。

実際、試食段階では調理から2時間以上たっていましたが、食感は失われておらず、美味しくいただけました。

続いて「国産紅ずわいがに入りコロッケ」です。こちらは国産の紅ずわいがにを4.5%使用しています。しっかりとしたカニの風味とクリームのコクが絶妙なハーモニーを奏でていました。クリームコロッケの中でも王道かつ人気の高いカニクリームコロッケ、食べる人の期待を裏切らない美味しさです。

ちなみにこれらの商品は、170~180℃で7分程度揚げて調理するのですが、クリームコロッケは通常のコロッケと違い、火が通っても浮いてこないそうです。そのため、決められた調理時間以上に長く揚げてしまうケースがあるとのこと。そうすると、美味しさや形が損なわれてしまう場合があるのでもったいないですね。

クリームコロッケを揚げる際は、決められた揚げ時間を守って調理しましょう。

ヤヨイ鶏つくねたけのこ

その他、たけのこあんを包んだ「包みメンチカツ(たけのこ)」や、鶏肉と豆腐ベースのつくねにたけのこあんがかかった「豆腐入り鶏つくね(たけのこ)」など、春を感じられる新商品もたくさんラインナップされています。

是非、ヤヨイ食品さんのカタログをご覧頂いて、春のメニュー作りにお役立て下さい。