月別アーカイブ: 2014年6月

ケーオー産業 ちょっと特別な時に食べたくなるご飯メニュー


ケーオー6月

今回商品をご紹介していただくのは、ケーオー産業の竹田さん。ちょっと特別な時に食べたくなるメニューです。

まずは「たこめしの素(北海道産)」。商品名にあるように北海道産のタコをぜいたくに使った、混ぜご飯の素です。商品自体は、「混ぜご飯の素」と「たこトッピング」がセットになったもので、1Kgのご飯に具材を入れて混ぜるだけで、簡単に美味しいたこ飯が作れてしまいます。

使用している北海道産のタコは旨味が強く、適度に柔らかい食感が特長だそうで、実際試食させていただいたところ、タコの良い香りと風味がご飯と程よくマッチして、非常に美味しかったです。

また、写真をご覧いただければお分かりいただけると思いますが、具材のタコはかなり大ぶりで食べ応えがあります。柔らかいながらもぷりぷりとした食感は食べていて嬉しくなりますよ。

ちなみに関西では「半夏生(はんげしょう)」という期間があるそうですね。夏至から数えて11日目を初日として、そこから5日間がそれにあたるとか。(今年は7月2~6日。)この半夏生には、タコをたべる習慣があるそうです。

生まれも育ちも関東の筆者は全く知りませんでした。食材を知るという事は文化を知るという事でもあるんですね。勉強になりました。

kotaimeshi

続いては「たいめしの素」。めでたい時に食べるたい飯。他の混ぜご飯、炊き込みご飯類と比べても、プレミアム感があるメニューですね。

フエダイ科の高級魚である姫鯛を使ったもので、こちらもたこめしの素と同じく、1kgのご飯に混ぜるだけの簡単オペレーションで作れる商品です。

食べてみると、鯛の香りが口いっぱいに広がり、それがますます食欲をそそります。さっぱりと食べられるので、いくらでもいけてしまいそうな気がしますね。

ちなみに写真は「お祝いご飯セット」として、たい飯と赤飯を一緒に盛り付けたお弁当です。ありそうでなかった便利な催事商品として、食品展示会のファベックスにて、優秀賞を受賞したそうです。確かに、ハレの日にはピッタリな商品です!

kootoshiage

その他には「えびと蓮根の落とし揚げ」などの商品も紹介していただきました。えび、レンコンをはじめとして、枝豆やニンジンなど、素材感をしっかりと感じられ、非常に楽しい食感の商品です。

ケーオー産業は、商品開発だけでなく、その売り方についても非常に良く考えられているメーカーさんなので、新メニューを検討する際には、そのあたりも参考になるのではないでしょうか。

<コメントは食材カタログFaceBookでお待ちしております。>