安くて美味しい加工肉!万星食品


万星食品4月

今回、商品を紹介していただくのは万星食品の原田さんです。

精肉を中心としてお惣菜などを展開している万星食品ですが、これからのイチオシ商品が「インジェクションビーフ」です。

インジェクションビーフとは、牛肉に牛脂肪を主体とする調味液を注入する技術により、牛肉をより美味しくより低価格で、提供することを可能にした商品との事。成形肉、加工肉に分類される商品です。

お肉が非常に柔らかく経時変化にも強いのが特長で、お子さんやお年寄りでも安心して美味しく食べられるお肉に仕上がっています。

sirroin

試食させていただいたのは「サーロイン120g」。試食時点で調理から3時間ほど経っていましたが、柔らかさを十分に保っており、お肉のジューシーさは失われていませんでした。創業以来、精肉の技術を積み重ねてきた万星食品、技術力の高さがうかがい知れる商品です。商品規格についても120gだけではなく、用途に合わせて様々な加工が可能との事。また、サーロインの他にも、モモやハラミなど多彩な部位もラインナップされているそうです。

さて、このインジェクションビーフですが、成形肉に分類されるため「ステーキ」という名称を使用して、消費者の方に提供することはできません。そのため、提供の際には「グリルビーフ」、「ビーフグリル」、「サーロイングリル」、「やわらかサーロイン」などの名称で展開する必要があります。

かつてインジェクション肉の偽装表示が話題になりましたが、これは偽装したレストランに問題があるのであって、このインジェクション肉そのものに問題があるわけではありません。むしろこの技術は、安い値段で美味しいお肉を提供したい、という思いで食肉産業の皆さんが努力した結果生み出された素晴らしい技術です。

是非、お肉を使ったリーズナブルなメニューの作成に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>